佐藤 優

佐藤 優

佐藤 優(さとう・まさる)

作家・元外務省主任分析官
1960年東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、専門職員として外務省に入省。在イギリス大使館勤務、在ロシア大使館勤務を経て、帰国後は外務省国際情報局で主任分析官として活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕・起訴され、09年6月に執行猶予付き有罪確定(13年6月に執行猶予満了)。著書『国家の罠』(毎日出版文化賞特別賞)、『自壊する帝国』(新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞)、『十五の夏』(梅棹忠夫・山と探検文学賞)など多数。近著『世界宗教の条件とは何か』。

記事一覧

  • 2015.12.04 更新
  • 【佐藤優 × ナイツ】今を生きる幸福論
  • なぜ僕たちは創価大学に進学したのか 佐藤 優 ナイツのお二人が創価大学に進学した理由を教えてもらえますか。 土屋 伸之 僕は創価中学校を受験して落ちているんで...
特別講演録「いま、公明党が考えていること」
  • 政治
  • 2016.06.29 更新
  • 特別講演録「いま、公明党が考えていること」
  • 2016年6月11日、公明党時局講演会に佐藤優さんが登壇。電力ホール(宮城県仙台市)で開かれた講演の内容を3回にわたって抄録する。 在日外国人を排除する「国民連...
創価学会学生部員と『世界宗教の条件とは何か』を語る
アイキャッチ
  • 対談
  • 2020.03.25 更新
  • 世界で語れる「教養としての日本史」を学ぶ
  • 「源平の合戦」と「南北朝の騒乱」を東アジアから考える 安部 日本史を注意深く見ていくと、日本が大きく変わる契機は貿易の影響であることが多いのです。平安時代の終わ...
top
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.