池永 陽

池永 陽

池永 陽(いけなが・よう)

作家
1950年愛知県豊橋市生まれ。1998年『走るジイサン』で第11回小説すばる新人賞を受賞。2002年連載短篇集『コンビニ・』ララバイ』で注目を集める。06年時代小説『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞。著書に『ひらひら』『少年時代』『珈琲屋の人々』『おっさんたちの黄昏商店街』など多数がある。

記事一覧

アイキャッチ
  • 小説
  • 2016.09.01 更新
  • ラスト・おっさん
  • 昭和純情商店街 下  落ちこぼれの子供たちの溜たまり場ともいえる『小堀塾こぼりじゅく』の終了は夕方の六時だったが、そう簡単に時間通りにはいかない。  ...
アイキャッチ
  • 小説
  • 2020.01.07 更新
  • 続・おっさんたちの黄昏商店街
  • 八人のサムライ再び・後  商店街の真中にある『のんべ』に向かって、裕ゆう三ぞうはゆっくりと歩く。  夕方の商店街は人通りが多い。しかも以前に較くらべて...
top
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.