池永 陽

池永 陽

池永 陽(いけなが・よう)

作家
1950年愛知県豊橋市生まれ。1998年『走るジイサン』で第11回小説すばる新人賞を受賞。2002年連載短篇集『コンビニ・』ララバイ』で注目を集める。06年時代小説『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞。著書に『ひらひら』『少年時代』『珈琲屋の人々』『青い島の教室』など多数がある。

記事一覧

アイキャッチ
  • 小説
  • 2018.09.12 更新
  • ラスト・おっさん
  • 八人の侍・下  あのとき和彦かずひこは、白猟会はくりょうかいへの対応をどうすればいいのかと翔太しょうたに意見を求めた。翔太の考えが、むしょうに知りたかった。...
top
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.