池永 陽

池永 陽

池永 陽(いけなが・よう)

作家
1950年愛知県豊橋市生まれ。1998年『走るジイサン』で第11回小説すばる新人賞を受賞。2002年連載短篇集『コンビニ・』ララバイ』で注目を集める。06年時代小説『雲を斬る』で第12回中山義秀文学賞を受賞。著書に『ひらひら』『少年時代』『珈琲屋の人々』『青い島の教室』など多数がある。

記事一覧

アイキャッチ
  • 小説
  • 2019.03.05 更新
  • ラスト・おっさん
  • 『おっさんたちの黄昏商店街』 [著者]池永 陽 [評者]池上冬樹/文芸評論家  舞台は現代でも、昭和歌謡や映画や往年の俳優の話など、昭和の色に彩られた...
top
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.