創価学会学生部員と『世界宗教の条件とは何か』を語る

第3回 民衆の側に立つリーダーの要件

第3回 民衆の側に立つリーダーの要件

このほど佐藤優さんの創価大学課外連続講座をもとに編んだ新刊『世界宗教の条件とは何か』(小社刊)が出版された。同書は創価学会学生部メンバーの間で大変な反響を呼んでいる。そこで2019年11月23日、作家の佐藤優さんと創価学会学生部メンバーとの座談会が開催された。参加したのは、首都圏の大学・大学院に通う15人の代表。「佐藤優白熱教室」の模様を、全9回連載でお届けする。学生の氏名は仮名。

「聖教新聞」を通して、創価学会の理解が深まる

滝沢英二(横浜国立大学大学院修士課程2年) 私は創価学会3世です。父方の祖母の家系は浄土真宗でして、祖母は学会員ではありません。父は、母の紹介で入会して結婚しました。
私は生まれたときから入会しているのですが、子どものころから、祖母と話をするときに、創価学会の話題がどうしても引っかかっていました。たとえば祖母からもらった果物やお菓子を仏壇に備えているという話をすると「それをお供えしているのはどの御本尊なんだ」と、祖母の口調がすごい剣幕になるのです。
いまでは、祖母は私たちの信心に理解を示してくれるように変わっています。「聖教新聞」を通して、池田先生(創価学会第3代会長)のすばらしさを知るようになり、弟が通う創価大学の学費まで払ってくれるようになりました。信心に反対していた祖母が変わっていく姿を通して、創価学会の正しさを証明することの大切さを学ぶことができました。

佐藤 優 いまのお話を興味深くうかがいました。キリスト教ではイエスがさまざまな土地へ布教に行くのですが、1カ所だけ成功しなかった場所があります。それはナザレというところで、イエスの出身地なのです。イエスは「故郷では預言者は受け入れられない」と捨てゼリフをついて出て行きました。最後は母親が信者になったのですが、母親も当初はイエスに対して冷ややかだったのです。


sekaishukyonojoken

佐藤優著『世界宗教の条件とは何か』(小社刊)

自分の周囲における折伏しゃくぶくは、本当に大変ですよね。公明党の山口那津男代表も苦労なさったそうです。山口代表のお母さんは難病でくなっていく子どもたちの先生をやっていて、お父さんは気象台に務めていました。お父さんが入会したのは、だいぶあとになってからだそうです。入会は自分のほうが先だったと述懐されていました(佐藤優・山口那津男著『いま、公明党が考えていること』潮新書、43ページ)。

滝沢さんのおばあちゃんは最初は信心に猛反発していたのに、「聖教新聞」をちゃんと読むようになった。「聖教新聞」を通して、学会への理解が深まっていった。マイナスからスタートしてそこまで変わられたのですから、すごい前進です。滝沢さんはじめご家族の信仰の力が、おばあちゃんの心を動かしたのでしょう。とても立派なことだと思います。

平和運動を進めるためにどのような団体・個人と対話すべきか

滝沢 国際社会の2030年に向けての指標である「SDGs(持続可能な開発目標)」について、創価学会においては、たとえば、ブラジルの「創価研究所――アマゾン環境研究センター」の活動を通して、森林の再生に取り組むなど、その普及と推進に貢献をしています。個人的にもSDGsについて、強い関心があるのですが、学生部として、こういう問題に関して、どういった団体や個人と対話していくべきでしょうか。

佐藤 滝沢さんは大学院生ですよね。まずは自分の周囲にいる人たちと仲良くし、新たに友だちになってくれそうな団体や個人との関係を強化していくことが大事だと思います。大学生や大学院生であれば、有識者と関わることもあると思います。有識者のなかには、創価学会について無知なだけで敵対心をもつ人もいます。そういう有識者と対話を進め、少なくとも中立の立場に立ってくれそうな人が見つかったら、たとえば講演会を企画してみるとか、大学の先生に対話を働きかけてもいいと思う。
ただし、なかには創価学会を攻撃することをビジネスにしている有識者もいるから注意してください。そういう人に接触すると、悪意をもった彼らから利用されてしまいます。アンチ創価学会の意見をもった真性の敵は孤立させる。反対に味方を強化する。有識者と対話を進めるときには、こういう二段構えのアプローチを取るといいと思います。

平和運動や格差是正といった社会運動にとって、いちばんの敵は日本共産党です。安倍首相主催の「桜を見る会」問題をめぐって、局所において共産党はいいところをいてきています。しかし共産党が最終的に目的としているところは、私たちの社会にとっての悪です。
現象面において共産党が正しいことをしているように見えたとしても、その本質に何があるのか――これは、人間主義という確固たる価値観をもつ皆さんだからこそ見極められるのではないでしょうか。
「共産主義は終わった」と考えるべきではありません。ああいう形の思想は、ソ連が崩壊して冷戦が終わろうが、またいつでも出てくるのです。皆さんにはマルクス主義の思想と歴史を勉強して、日本共産党の特殊性についてもどんどん学んでほしいと思います。
公明党結党50年の佳節に出版された『大衆とともに 公明党50年の歩み』(公明党史へんさん委員会)は、戦後の日本政治において公明党が果たした役割と同時に、日本共産党の本質についても学ぶことができる書物の一つです。ぜひ学んでみてください。

1 2 3
★「潮WEB」無料アプリのダウンロードはこちら→ http://www.usio-mg.co.jp/app

関連記事

「創価学会学生部員と『世界宗教の条件とは何か』を語る」第1回 師弟不二と核廃絶運動
「創価学会学生部員と『世界宗教の条件とは何か』を語る」第2回 日露交渉を切り拓いた池田・ゴルバチョフ会談

関連書籍紹介

H1

『人生にムダなことはひとつもない』佐藤優 ナイツ 著

アマゾンでのご購入はこちら
楽天ブックスでのご購入はこちら
『いま、公明党が』カバー(帯あり)

新書『いま、公明党が考えていること』佐藤優 山口那津男 著

アマゾンでのご購入はこちら
楽天ブックスでのご購入はこちら
top
  • 連載一覧
  • 著者一覧
  • カテゴリ一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.