「ゆとり世代」を育てるリーダー力

第2回 若者を引っ張るオジサンマネジメント

第2回 若者を引っ張るオジサンマネジメント

大谷翔平や中田翔というエリ絶妙な距離感

原田 大谷翔平選手のように、明らかにズバ抜けた素材をもったエリートがいます。あまりしつこく干渉せずスクスク育てていくエリート教育と、丁寧に指導しながら技術を底上げしていく教育と、選手の教育法は二つに大きく分かれると思います。それぞれどんなところを気をつけていますか。
栗山 大谷翔平や中田翔のような選手は、前者の方式で意識的に距離を置いています。能力が高い選手は、誰からも指摘されなくても自分で多くのことに気がつくんですよ。大きな間違いが起こりそうになったときには、自分でそこをバッサリ切ってくれます。良いことはどんどん採り入れ、「これは間違っているからやるべきではない」ということは、自分の意志で捨てる。彼らは自分の力で善悪を整理しながら育っています。
 僕のように、ドラフト会議ではなくテスト入団で辛うじてプロ野球に入ったような選手は、コーチや監督が手取り足取り教えなければわかりません。自分の頭で考えるようになるまでにも、他の選手より手間がかかります。
 原田さんがおっしゃるとおり、選手の接し方と扱い方は、タイプによって大きく異なります。
原田 エリートタイプではない選手には、栗山監督もかなり具体的に指導される。
栗山 相当言いますよ。ティーバッティングを投げたりバットを振らせたり、僕自ら口を出す選手もなかにはいます。ただし、監督が選手にあまり技術指導をしないほうがいいのかもしれません。技術指導を言われたとおり真面目に受けなければ、試合に使ってもらえないと思われてしまうかもしれませんからね。それに、選手には自我もプライドもありますから。
原田 それにしても、大谷翔平選手にほとんど技術的な指導をしていないというのは驚きです。
栗山 例えば「打席で体がちょっと開きすぎているな」と思ったときに「あっちの方向に場外ホームラン級のファールを打ってくれないかな」というボワッとした言い方をすると、体が中に入ってポイントが閉じます。そういうアドバイスだけで、バットの軌道が元に戻るのです。翔平は非常に賢い選手ですから、何か言われた瞬間に「この人は何を直せと言っているのか」と明らかにわかるのでしょう。
原田 大谷選手のような超一流以外のなかにも、すごい活躍を見せるプロ野球選手は大勢います。そういう選手の特徴はどんなところですか。
栗山 自分の頭で考えるところではないでしょうか。せっかく高い能力をもっているのに能力を生かしきれない選手は、「自分の頭で考える」というところが足りないのでしょう。
 第1回の対談でも話題にのぼりましたが、青山学院大学の原監督が言うとおり、自分の言葉で自己表現できない選手はなかなか伸びません。自分の頭でしっかり考えていれば、他人にもわかるように言葉で表現できるはずですからね。マラソンランナーにも野球選手にも、自己表現と言葉の力は大切なのです。(第3回へ続く/本対談は、3月上旬に行われました)

1 2 3 4 5
★「潮WEB」無料アプリのダウンロードはこちら→ http://www.usio-mg.co.jp/app
top
  • 連載一覧
  • 著者一覧
  • カテゴリ一覧
  • ランキング
  • facebook
  • twitter
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.