我愛ニッポン 記事トップ

第1回 夜なのに「おはよう」って言うのはなぜ?

第1回 夜なのに「おはよう」って言うのはなぜ?

日本語の授業ではあいさつから教えますが……

私の日本語の授業は、日本語Ⅰ、日本語Ⅱと、クラスが分かれています。
日本語Ⅰの学生さんは、まだ日本語がほとんどわからないビギナークラス。だから、まずは日本語のあいさつから教えるのです。
今日の授業では、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」を勉強。朝、昼、晩であいさつの言い方が変わりますが、それは中国語も一緒。だから理解しやすいのです。

オフショット

次に、実際の日本人が話しているビデオを流しました。ビデオに映る場面は夜の工場。同僚らしき二人は、会うと「おはようございます」とお互いにあいさつしています。
すると、男の子の学生が手を挙げました。

「先生、なんで日本人は夜なのに、おはようございますというんですか」
「えっ? あれ本当だ……???」(混乱する私)
「中国では、昼なら“こんにちは”、夜なら“こんばんは”ですよね。おもしろいなあ」
「いや、日本でも同じだよ。あ、でも芸能界の人は、深夜でも“おはようございます”っていうみたいだけど……」

心配になった私は、家に帰るとすぐに調べてみました。どうやら日本人は働き者なので、夜から出勤の人も多いため、そういう人たちへのねぎらいの気持ちも込めて“おはようございます”というみたいなんです。しかも江戸時代からの習慣だと書いてあります。
でも日本にいたときは、友達と夜に会っても「おはようございます」なんて言わなかったしな……。本当はどうなんでしょう??? だれか教えてください!

1 2
top
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.