続・おっさんたちの黄昏商店街

続・おっさんたちの黄昏商店街

作品紹介

“昭和”が大好きなおっさんたちに、レトロな男子と奔放な女子高生が加わって、町おこしが始まった『昭和ときめき商店街』。「豆腐屋」「映画館」「角打ち酒場」「歌声喫茶」などを舞台に、裕三たち「町おこし推進委員会」のメンバーは、数々の難題を解決していくが……。ある日、商店街を食い物にしようとする半グレたちと、裕三たちは正面から衝突をする。大半の半グレたちは、木曽流忍法の後継者である源次が倒すが、裕三は、半グレのナイフで脇腹をえぐられてしまう。周りは血の海に。誰もが裕三の死を予感したが……。ふたたび、「町おこし推進委員会」のメンバーたちは、帰ってきた。好評を博した『おっさんたちの黄昏商店街』(連載時のタイトルは「ラスト・おっさん」)の続編が堂々の連載開始!

続・おっさんたちの黄昏商店街 目次

  • 2020.07.08 更新
  • 第6話 理髪店の娘・後
  • 第6話 理髪店の娘・後  翔太の様子が妙だった。  表情が冴えないというか、沈んでいるというか。 「どうした、翔太君、浮かない顔をして」  怪訝な思いで声をかけると、 「僕は大きな勘違いをしてたかも……...
  • 2020.04.30 更新
  • 第5話 理髪店の娘・前
  • 第5話 理髪店の娘・前    師走の夜は冷える。  裕三は翔太と二人、駅裏にある『志の田』に向かって早足で歩いていた。推進委員会に町内の理髪店『バーバー向井』から相談に乗ってほしいという要請があり、その帰りだ...
  • 2020.04.09 更新
  • 第4話 健康美顔パン・後
  • 第4話 健康美顔パン・後  丈文がいなくなって三日が過ぎた。  依然何の連絡もなく、むろんケータイに電話を入れてもまったく通じない。いったい丈文は、どこで何をしているのか。  店の開店まで、あと六日。少な...
  • 2020.03.24 更新
  • 第3話 健康美顔パン・前
  • 第3話 健康美顔パン・前  裕三の目が腕時計に走る。  時間は八時十分を回っている。 「おい、どうしたんじゃ、裕さん。さっきから時計ばっかり気にしてよ」  源次が野太い声をあげた。 「そうですよ。独...
  • 2020.01.07 更新
  • 第2話 八人のサムライ再び・後
  • 八人のサムライ再び・後  商店街の真中にある『のんべ』に向かって、裕三はゆっくりと歩く。  夕方の商店街は人通りが多い。しかも以前に較べて、数がぐんと増えている。あのせいに違いない。半グレ連中との乱闘をマ...
  • 2019.12.10 更新
  • 第1話 八人のサムライ再び・前
  • 八人のサムライ再び・前   夜の八時ちょっと。  裕三たちは駅裏にある『志の田』の小上がりに陣取っていた。  集まっているのは、昭和ときめき商店街・町おこし推進委員会の面々で通称を『独り身会』。それぞれ...

top
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.