転んでも転んでも立ち上がる それが広岡浅子です

転んでも転んでも立ち上がる それが広岡浅子です

作品紹介

明治の女性実業家、広岡浅子の生涯を描いた『小説土佐堀川』(潮出版社)。
27年前に出版されたこの作品が、連続テレビ小説「あさが来た」(2015年9月28日放送開始)の原案となり、注目を浴びている。
著者の古川智映子さんに、執筆のきっかけや作品に込めた思いを語っていただいた。

転んでも転んでも立ち上がる 目次

  • 2015.10.02 更新
  • 転んでも転んでも立ち上がる それが広岡浅子です
  •  この秋から始まった連続テレビ小説「あさが来た」。幕末の京都に生まれ、大坂おおさかの豪商ごうしように嫁とついだヒロインが、旺盛おうせいなチャレンジ精神で明治の動乱を切り抜ぬけ、女性実業家として成長していく物語だ。出演者は...

top
Copyright © 2015 USHIO PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.